お金を貸すことについて(余談)

友人に、彼氏に(元彼に)、彼女に(元カノに)、貸したお金が返ってこない、返してもらえない。


スポンサーリンク

給料未払いの話とは異なりますが、金銭トラブルということでよくある「貸したお金を返してもらえない」ということについて、少し書いておこうと思います。

 

もし、友人や彼氏、親戚等から「お金貸して、必ず返すから」と言われたときに備えて、頭の隅に入れておいてもらえればいいかなと思います。

 

この商売をやっていますと、知り合いから「友人にお金貸したけど返してもらえない」等の相談を受けたりすることもあります。

以前は、内容証明を送る仕事も行っていましたが、今は宣伝もしていません。

と、いうのも「5万円貸した」とか「10万円貸した」とか比較的少額の場合、正直難しいからです。

 

また、例えば5万円を返してくださいという内容証明を書くにしても、仕事としては最低でも2~3万円はいただくことになります。(もっと安価で請け負う事務所もあるとは思いますが)

 

こういう場合は、図書館で「内容証明の書き方」を教えているマニュアル本を借りてきて、ご自分で書いて送るよう勧めます。

内容証明がめんどくさいというなら、「〇年〇月〇日に貸した〇万円を返してほしい」ということを書いて簡易書留で送ることでもいいと思います。

 

数十万、100万と高額のお金の場合で、後々訴訟を起こすことを前提に考えるなら内容証明を送っておくことはいいと思います。(専門家に依頼すると、当然費用は発生します。)


スポンサーリンク

さて、でもこれで返してもらえるでしょうか。正直難しいです。

 

そもそも、友人や彼氏彼女にお金を貸してと言う人は「お金がない人」です。

 

そういう人の殆どは、いつまでたっても同じです。(皆がそうとはいいませんが)

返してくれてもそのお金は別の友人から借りてるだけかもしれません。

 

「無い物は無い」んです。

耳にしたことないですか?「無い袖は振れない」ということです。

 

開き直って無い物は無い、返したくても返せないで逃げるだけです。

借りた人は借りたが最後、返す気などは更々ないです。

良心がまだ残っていて返す気があったとしても「無い物は無い」払えないんです。

 

「絶対返すから!」

「仕事見つけたら返すから!」

「半年後に返すから」

「友達だろう、頼むよ」

等々言っても信じた時点で終わりです。

 

昔からよく言われます。

「お金を貸すなら、あげるつもりで貸しなさい」

そう、貸すなら返ってこないことを覚悟して貸しなさいということです。

 

「友達だろう、頼むよ」と言われてどうしても貸すことになるなら、

う友達じゃない。だから今回だけ貸してやる。と縁を切りましょう。

後々友達を訴えることになると自分が悲しくて情けないだけです。

 

とは言っても、

どうしても断りにくい恋人や親戚から「お金貸して」と言われたらどうするか?

 

原則は、何度も言いますが「お金を貸すなら、あげるつもりで貸す」です。

好きだから、信じているから、最低限の借用書も書かせず貸すのは「あげる」と一緒と思わなきゃ馬鹿をみます。

 

では次のページでは、

・お金を人に貸すときに最低限自分で準備すべきこと

・貸したお金を返して貰えないとき自分でやってみること

について書きます。


スポンサーリンク